やってみるとスッキリ!実践を心がけているのが捨断離の考え方

断捨離

元々そんなに物欲は強い方ではなかったのですが、最近実践を心がけているのが捨断離です。所有するモノを極力減らしてシンプルな暮らしをするといった考え方です。

また捨断離の考え方は物だけではなく時間や人間関係なども含まれていて、職場での気が乗らない飲み会とかアフターファイブの付き合いとかをきっぱり断り自分の時間を有効活用するといった考え方でもあります。

断捨離の効果

捨断離をしようと思ったきっかけは私の場合は本だったりします。私は趣味が読書で部屋にはいくつも大きな本棚があり、そこに本をズラリと並べていたんです。ですが本ってキレイな状態で保存するのって難しいんですよね。

図書館や本屋みたいにいつでも空調や湿度を管理することって出来ないし、5年、10年も経過すれば紙媒体なので劣化して茶色くなってしまいます。また古い本って独特の匂いがするし、本棚によっては本との空間があって埃が溜ってしまうので掃除も厄介です。

それにお気に入りの本は学生時代は結構読み返しましたが社会人になるとそんな時間もなくなりただ本棚に並べているだけになってしまったんです。それで古くなった本を処分したら本棚が丸々空いてしまって本棚も処分したらスペースが空いてスッキリしたんですよね。

それからどうせ捨てるだけだからと本は図書館で借りることが増えて残りの本も古くなって捨てる前にと古本屋に全部売ってしまいました。

あと本棚も処分したら部屋がかなり広くなったように感じて、それならあれもこれもと不要なモノをどんどん捨てて意外と本当に必要なモノや捨てたくない物が少ないことに驚きました。だから購入する際に吟味するようになりましたね。

それで捨断離の考え方に共感を覚えて、意識して実践するようになったんです。電化製品もパソコンがあればテレビは不要だし、お鍋があれば炊飯器は必要ないとかなりリストラしていきました。物が減れば掃除時間も短くて済むし、服などもあまり着ない物は処分したら衣替えがラクになりました。