専業主婦になって感じたのは自由と節約義務

専業主婦

仕事を辞めて1年、すっかり専業主婦としての自覚が出てきました。毎朝主人より先に起きてお弁当と朝ごはんの準備、旦那を見送ってからは毎日パラダイスです。パラダイスといっても、もちろん家事や炊事をすることは大変です。

しかし、専業主婦は誰からも賞賛されない割に大変と言われていますが、私の場合は見ず知らずの人の為に汗水流して働くよりも、自分や家族のために働く方が合っているようです。

鼻歌交じりに踊りながら仕事をできる、見たいテレビに合わせて仕事ができるということは私にとってはとっても幸せな日常で、パラダイスと感じてしまうのです。そんな毎日を過ごせるのも、外で汗水垂らして働いてくれている主人のおかげでもあります。

世間からは今のご時世、裕福でも無い家庭で専業主婦をしているなんて、と非難を浴びたり心無い言葉を投げかけられたりもしますが、私は気にしません。一度っきりの人生、どのように生きるかなんて自分とそして家族で決めればいいことなのです。

専業主婦が偉いわけでも、外で働く人が偉いわけでも無いのでは無いでしょうか。ただ単に、人それぞれの「幸せのカタチ」というものがあります。

専業主婦として家に閉じ込められることに強烈なストレスを感じる人もいれば、私のように外で働くことに自由を奪われるたように感じ強烈なストレスを感じる人間だっているのです。私の主人はどちらかというと前者方です。なので私たち夫婦は成り立っているのかもしれません。

キャリアウーマンを卒業して専業主婦になったら、きっと毎日が退屈になるんだろうなぁと予想していましたが、結果的に専業主婦になったってワクワクドキドキすることは見つけられるのです。どんな環境にいても、どう感じてどう行動するかはその人次第です。

専業主婦になってみてつくづくそのことを痛感しました。専業主婦としての時間を持て余している人も、私のように毎日パラダイスになるように何かひとつ行動を起こしてみることをお勧めします。

節約を考えることは疎かにしない

専業主婦の仕事は何も家事だけではありません。将来を考え家計を管理することも仕事です。家庭により異なると思いますが、うちではお金の管理は私がやっています。旦那はお金を持っているとすぐに飲み会などで使ってしまうためです。

最近はお小遣いとして渡していた現金をやめてクレジットカードにしました。クレジットカードにすると使いすぎてしまうのでは?と思われるかもしれませんが、何に使ったのかわかるので現金より良いんですよね。

休日は車に乗って遠出をすることもあるんですが、その時に高速道路を利用することもあります。高速道路の乗るときはETCカードがあるとETC割引が受けられて通行料金が安くなります。一般レーンだと止まらないといけないですし、割引が無いのでETCカードを作って本当に良かったです。

ETCカードを作るとはいえ、年会費がかかってしまっては節約になりません。ETCカードともとになるクレジットカードは年会費が別に設定されているカードもあるので発行申し込み前に確認しないと痛い目にあいます。

私は、ETCカードを年会費無料にするおすすめな作り方を参考にしてクレジットカード・ETCカードを選びました。こうした節約できる情報はインターネットにたくさんあるのでもっと有効活用していきたいですね。